logo ライアーのやさしい響きの世界へようこそ
   
leaf 今月のご挨拶
leaf プロフィール
leaf ライアー(竪琴)について
leaf メッセージ
leaf CDのご案内
leaf 動画
leaf 演奏情報
leaf ライアーレッスン
leaf 演奏のご依頼
leaf ブログ(随時更新中)
leaf お問い合せ

leaf2018年 6月のごあいさつ


  201806

 5月中旬の2週間、再び中国へ行ってきました。今回で3回目の中国訪問となります。

 今回は前回と同じ、香港からフェリーで70分のところにある、珠海、そして、広州でのライアーワークショップとライアーコンサートでした。
  ワークショップは毎日朝から夕方まで途中休憩をはさみながら、珠海では5日間、広州では3日間行いました。

 そして、各ワークショップの最終日にはシェアリングタイムといって、ワークショップ中に参加のみなさんが学んだことを発表する時間もありました。
 中国の参加の方々が、どれくらいライアーが弾けるのかまだまだ未知だったのと、それぞれのワークショップが長丁場なので、準備が結構大変でしたが、本当に有意義な時間でした。

 2年前に参加してくれた人たちもいて、再会は本当にうれしいものです。参加者のほとんどは、シュタイナー学校に子供を入れているお母さんたちや、その知り合い、もしくは、シュタイナー学校の音楽の先生でした。改めて「ライアーはシュタイナーの思想から生まれた楽器なのだな〜」と実感しました。
 そして、私自身まだまだたくさん学ばなければ・・・という気持ちが。参加者の大半はまだ30代〜40代前半で、「これから新しいことをやるぞ〜!」というエネルギーに満ちていました。

 猛暑の中、過密スケジュールをつつがなく終えて、ほっとしています。お世話になった方々ありがとうございました!